3. 在庫受注一元管理システム ネクストエンジン

3. 在庫受注一元管理システム ネクストエンジン

在庫受注一元管理システムとは

ネットショップ運営が軌道にのったら、システムの導入が必要になるだろう。1つ1つの注文に対し、手作業でメールを送ったり、在庫管理の問題が出てくる。複数のストアを運営していて、在庫がゼロになり、注文が入ってしまったら大変だ。

私自身も、システムを導入し、数年が経つ。私の場合、一人でネットショップを運営しているので、このシステムはなくてはならないものだ。

実際、システムの導入を決めた時は、こんな状況だった。

その日、注文が殺到した

その日、注文が殺到した

ネットショップは、もうすでに5店舗まで増えていた。

事業開始から3年。これまでの道のりを話そう。最初に、自社サイトのネットショップを立ち上げた。商品はサプリメント。わずか3商品からのスタート。その後、他社からも引き合いがあり、商品は20点ほどに増えた。

自社サイトで月商30万を超えるようになり、Amazonにも出店した。Amazonでも、商品は売れた。売れることに自信がつき、資金を用意して、楽天市場に出店。

そして、楽天市場で大きく売り上げを伸ばした。その後もヤフーショッピング、DeNA(ディー・エヌ・エー)にも出店。ついに、ネットショップは5店舗となった。

5店舗の運営は、それぞれのショッピングモールの管理画面に入り、注文伝票を処理し、お客様にメールを送信する。商品を梱包し、発送する。最初は、自分で近くの郵便局などに持参していた。ある程度の注文が入るようになり、配送業者と契約。毎日集荷してもらえるようになった。

その週末は、ちょっと不安になっていた。楽天市場で大々的なセールが開催され、注文メールがいつもより増してどんどん受信されている。最初は、嬉しい気持ちだったが、そのうち不安になってきた。

「受注商品を処理できるのか?」

週明けの月曜日。朝から作業に取り掛かり、午後3時の集荷時間に間に合わなかった。6時前にもう一度、残りの商品の集荷をお願いした。なんとか無事にすべて出荷できたが、ヘトヘトだった。

受注数は、60件程度だっただろう。大した数ではなさそう? でも、一つ一つの注文を手作業でしていくとかなり大変だ。作業はこのような流れ。

  1. 5つのストアの管理画面それぞれで受注伝票の確認、処理
  2. 受注メールを送信
  3. 各注文の納品書を印刷
  4. 納品書を見ながら、商品をピックアップ、梱包
  5. 配送伝票の印刷
  6. 間違いのないようにリストと照らし合わせてチェック
  7. 配送業者に渡す出荷のための書類を作成
  8. 商品出荷
  9. 伝票番号を記載した発送メールを送信

1件の処理に10分かけると、1人で作業する場合10時間必要になる。

もう限界だろう。この日、配送業務を外注することに決めた。そして物流をアウトソーシングするには、システムが必要だ。

ネットショップ運営では、こんなことに困る

ネットショップ運営では、こんなことに困る

上の私のストーリーでは、ちょっと伝わりにくいかもしれない。あらためて、ネットショップ運営でどんなことに困るのか、ここでまとめてみたい。

  • 受注が増えると、一つ一つの注文メールを送信していくのが大変
  • 楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピングなど、各社の管理画面に毎回ログインして処理するのは、結構面倒
  • 管理画面が別々ということは、それぞれの在庫管理も別々になる(一元的な在庫管理ができない)
  • 物流(配送)業務をアウトソーシング(外注)する場合、その連携のためにシステムが必要になる

これらの課題をクリアするために、「在庫受注一元管理システム」が必要となる。システムは受注や在庫管理に紐づいているため、システムを入れ替えるのは大変だ。最初から、いいものを選んでおきたい。

私は、「在庫受注一元管理システム」として、ネクストエンジンをオススメする。もちろん、私自身も長年使っているシステムだ。

ネクストエンジンがオススメな3つの理由

ネクストエンジンがオススメな3つの理由

低価格で導入しやすい

ネクストエンジンは、月額1万円~の低価格で導入できる。他社は、大体月3万円位〜の料金相場。この安さは他社のシステムと比べても群を抜いた安さ。でも、「安かろう、わるかろう」では? 心配になるかもしれないが、大丈夫。実績も抜群。

業界No.1の導入数

このようなシステムは、多くのストアで導入されている実績が重要だ。いくら優れたシステムでも導入数が少なけば、突然サービス終了なんてことになると厄介だからだ。このネクストエンジンは、1500社導入の実績、導入数でも業界No.1(2013年 日本ネット経済新聞掲載)。だから安心できる。なお、このシステムの運営元であるHamee(ハミィ)株式会社は東証一部上場企業。

必要十分な機能

ネクストエンジン

ネクストエンジンの管理画面。Chromeなどのブラウザで操作できる。もちろんスマホからも操作可能だ。

管理画面はシンプルで使いやすい。各ショッピングモールの管理画面と基本的に同じ。受注から発送まで、ステータス(進捗)毎に、左から右へ受注伝票が流れていくイメージだ。

ネクストエンジン

ネクストエンジンの注文伝票。楽天市場やAmazonで受注されると、ネクストエンジンにも自動的に受注伝票が取り込まれる。

もちろん、各ショッピングモールの注文は、自動でこのシステムに取り込まれ、メールも自動送信される。ネクストエンジンでできることを簡単にまとめてみよう。

  • 複数ストアの在庫一元管理
  • 複数ストアの注文一元管理
  • 物流アウトソーシングに対応(アマゾンフルフィルメントや楽天物流などもOK)

もちろん一つのストアだけでも導入できる。おおよそ月1万円~の維持費で、かなりの作業が軽減される。ある程度、受注数があれば導入しておいた方がいい。システムなしの運営は本当にキツイ。

ネクストエンジンがオススメの理由を一言でまとめると、こうだ。

月々わずか1万円~で、ネットショップの仕事がラクになる。

30日間 無料体験でお試し

30日間 無料体験でお試し

ネクストエンジンなら、30日間、無料体験ができる。もちろん、これは利用すべきだろう。

ネクストエンジンの使いやすさに問題はないが、サポートも充実している。マニュアルページも充実している。電話サポートも非常に丁寧。主に女性のオペレーターが優しく応対してくれるので安心だ。今まで数年にわたり使っているが、システム障害などの深刻なトラブルはなかった。

ネットショップ運営で売上を伸ばすには、日々のルーチン作業の負担を減らすことが重要だ。売上アップのためのメルマガ発行やキャンペーンの準備などにも時間がいる。

特に、私のような一人でネットショップ運営するものにとって、このネクストエンジンはなくてはならないものだ。配送業務のアウトソーシングと合わせて使えば、受注伝票をチェックし、出荷登録ボタンをクリックするだけで、物流センターから商品が発送される。もちろん、メールも自動送信されている。

私はこれで、休日中出荷も対応している。迅速な発送、休日出荷を実現することで、並みのネットショップよりスピーディなサービスが提供できている。

在庫受注一元管理システムに興味があるなら、ネクストエンジンをチェックしてみてほしい。業務負担が軽減され、売上アップのために効率的に時間が使えるようになる。

最後に一言アドバイスすると、導入するなら早めがいい。まだ商品が少ない段階だと導入がスムーズだ。後でシステムを導入しようとすると、商品全部を登録するだけでかなりの労力が必要になる。人によっては、泣きそうになるくらい大変だろう。

ネクストエンジンをチェックする

【無料】初心者が収益ブログをつくる方法 eBook プレゼント

『インターネットビジネス 初心者が収益ブログをつくる方法』
メルマガ登録 はこちら
1ヶ月で収益ブログがつくれるメール講座

関連記事

  1. 2. 副業なら、ヤフオク!&Amazonマーケットプレイス

    2. 副業なら、ヤフオク!&Amazonマーケットプレイス

  2. 1. ネット販売について

    1. ネット販売について

  1. メルマガやるなら エキスパ にする理由

    メルマガやるなら エキスパ にする理由

    2019.08.07

  2. WordPress 無料 テーマ おすすめ

    WordPress 無料 テーマ おすすめ 5選

    2019.08.06

  3. これが王道の定番教材! ネットビジネス大百科

    【無料】これが王道の定番教材! ネットビジネス大百科

    2018.08.19

  4. その日、ブログがバズった

    自動でフォロワーが増えてゆく! フォローマティックXY

    2018.08.18

  5. 検索順位・検索ワード SEOチェックツールCOMPASS(コンパス)

    検索順位・検索ワード SEOチェックツールCOMPASS(コンパス)

    2018.08.17

  1. 3. こんな人はネットビジネス向き

    3. こんな人はネットビジネス向き

    2018.08.03

  2. 2. ネットビジネス物語

    2. ネットビジネス物語

    2018.08.02

  3. 1. ネットビジネスとは

    1. ネットビジネスとは

    2018.08.01

ブログについて

このブログでは、“インターネットビジネス 成功の方法” をお伝えする。主な内容は、ネットショップ運営、アフィリエイトについて。初心者から月商20万程度の人を対象にしている。
 
注)記事を順番に読むには「古い順」でソート。

ブログ執筆者

いくつかのブログやネットショップの運営をしている。さまざまな会社を経験。社員10万人規模のメーカーから、東証一部上場のIT企業、のちにジャスダック上場のベンチャー、社員10人ほどの中小企業、フリーランス(個人事業主)まで。2009年に起業、会社設立。
 
インターネットビジネスのキャリアは、副業5年、起業後10年。