3. こんな人はネットビジネス向き

3. こんな人はネットビジネス向き

なぜ「ネットビジネスは儲からない」のか?

「簡単! 毎日5分の作業で月収100万円」

きっと、あなたも、このような広告を見たことがあるだろう。一言でいえば、怪しい。でも、このような広告を出している人はきっと儲かっている。なぜなら、広告を出し、販売を続けることができるから。きっと、経費を補ってあまりある利益を出しているに違いない。

私も過去に、興味本位で買ってみた教材があったが、ひどいものだった。蓋を開けてみれば、掲示板にアフィリエイトのリンクをコピペしていくというものだった。

「簡単作業的なノウハウ」を買ってはいけない。

なぜか。それは、すぐに飽和する。仮に、ひとつの儲かるノウハウがあるとする。そのノウハウ自体を売ってしまえば、そのノウハウは多くの人がやる。多くの人がやれば、そのノウハウ自体に価値はなくなる。競争過多の状態。ライバルが多過ぎれば、ビジネスは成り立たない。

「需要と供給の関係」。ビジネスは常にこの原則に従っている。あるモノに対して、それを欲しい人が多くいる状態でこそ、ビジネスは成り立つ。そこに「価値」が生まれるからだ。

iPhoneは、欲しい人がたくさんいる。だから、売れる。

Appleは、革新的な商品を開発し、それをうまく宣伝し、多くの人を惹きつけた。新製品の発売日には、Appleストアに行列ができた。これが、ビジネスだ。

「簡単作業」は、「ビジネス」の一部分にすぎない。

あなたがやるべきは、「作業」なのか、「ビジネス」なのか?

「儲け」に目が眩んで、本質を見失ってはならない。

ネットビジネスに向いている人

ネットビジネスに向いている人

向き、不向きがある。はっきりと言おう。インターネットビジネスに向いている人と、向いていない人がいる。「誰でも簡単にできる」などと、私は言わない。

なぜか。「インターネットビジネス 」は、ビジネス だからだ。主戦場は、インターネット。パソコンができなければ、望みは薄い。そして、ビジネスの本質を捉えていなければ、やることはすべて無意味だ。

では、どんな人が向いているのか?

  • インターネットが好きである
  • SNSやブログなどが好きである
  • 何か特定の分野の知識や趣味がある

「好き」という言葉を使ったが、「苦にならない」や、もはや「使うのは日常」といったことでもいい。インターネットで商品を買わないとか、パソコンに拒絶反応があるとか、そういう人は別のビジネスがいい。

「SNSやブログ」は、「情報発信」のこと。文章を書いたり、写真や動画で何かを伝えたり、といったことがやりたい人がいい。

インターネットの本質は、情報である。だから、多くの人が知りたいような、提供できる情報があなたにあるといい。そのような情報には、価値がある。

「私の知識はマニアックだから……」そんな心配は無用だ。マニアック、ニッチな市場はライバルも少ない。見込み客の絶対数が少なくても、ビジネスが成り立つ場合もある。

「私の知識なんてレベル的に大したことない……」この心配も無用だ。初心者に対しては、ちょっと知っているくらいの人がちょうどいい。高校生の家庭教師が大学生でも問題ない。いや、むしろちょっと上のお兄さん、お姉さんだからいい。高校生の気持ちがよくわかっている。ビジネスにおいて、顧客の気持ちが手に取るようにわかっていることは、極めて重要なのだ。

では、どんな人が向いていないのか?

  • インターネット、パソコンとか無理……
  • 物事に対してあまり好奇心がもてない
  • 自分で主体的に取り組めない

「機械音痴」という言葉がある。「インターネット音痴」みたいな人に、このビジネスは向かない。

「好奇心」は重要だ。インターネットは進化の過程だ。日々新しいサービスがリリースされ、刻々と状況は変わっている。「未知」に対する「好奇心」が持てないタイプは、人に遅れを取ってしまう。

「主体性」も極めて重要だ。会社のようにやることが指示されるわけではない。自分でコツコツとビジネスを作り上げていかなければならない。多くの人は、これから、自由に使える自分の時間を、このビジネスのために費やさなければならない。

「一心不乱」。最初の時期は特に、集中して取り組まないと成功は難しいだろう。最初が肝心だ。大抵はいい加減にちょっとだけやるか、やる気が失せてやめてしまう。ほとんどがこれだ。せいぜい「ネットビジネスは儲からない」と腹立ちまぎれに口にして、やらない自分を正当化するのが関の山だ。

多くの人は、やっていない。やるべきことを、やっていない。

どうしてやらないのか? やるべきことが、わかっていないからだ。わからないから「簡単作業のノウハウ」を買う。

これを読んでいるあなたは、「簡単作業」なんてしない。なぜなら、やるべきことがわかるからだ。「インターネットビジネス 」でやるべき、ビジネスの本質的なことを、このサイトで知ることができるからだ。

このサイトの対象者は、こんな人

このサイトの対象者は、こんな人このサイトの対象者は、こんな人

ここまで、グイグイと引き込まれるように、あなたは私の文章を読んでくれただろうか。あと、少しだ。それで、すべてが始まる。

ビジネスには、ステージがある。ステージは舞台ではなく、ランクだ。このサイトの対象者は、こんな人である。

  • インターネットビジネス初心者
  • やってみたけど月10万円なんて全然いかない……
  • 月20〜30万くらいで100万円なんてほど遠い……

逆に、すでに月100万以上の人は、参考になるところはない。私がだいたいそのレベルだからだ。ネットショップ、アフィリエイト、それぞれで月100万円くらいの実績がある。両方合わせての最高は、月300万円を超えるくらいだ。ちなみに、これ以上の売上を目指そうとしても、ネットショップ運営なら雇用の問題などが出てくる。

月30万以上の売上がある人は、参考になるところだけをチェックするようにして欲しい。ただ、例えば月収50万と月収100万の差は大きいように感じるかもしれないが、それは扱う商材などの差かもしれない。必ずしも実力差があるわけではないと考えている。

上の3つの条件に当てはまる人。このサイトは、あなたのためにある。このサイトに書いてあることを理解して、実践すれば、結果はでる。このサイトで説明されるやり方、ツールなどは、私が実際に使って実際に結果を出したものだ。私だけが儲かればいいと言って、何の役にも立たないツールや教材を紹介することはない。安心して欲しい。それは、文章を読めばわかることだ。

「でも、何で教えてくれるの?」

その疑問に答えて、このページを終わりにしたい。このサイトは、ボランティアではない。ビジネスだ。ビジネスとして収益化するために、アフィリエイトを使う。私が実際に使っているツールやサービス——本当に役に立つものだ——を紹介し、あなたがそれを注文したら、販売元から私に紹介料が入る。その収益により、このサイトのビジネスを成り立たせる。

いずれ——要望があれば——、私自身のコンテンツを販売することも視野に入れている。でも、それはまだ先の話だ。

さあ、あなたのインターネットビジネスに対する心構えはできたろうか?

今すぐ、このサイトをブックマークして、始めよう。今すぐにだ。

【無料】初心者が収益ブログをつくる方法 eBook プレゼント

『インターネットビジネス 初心者が収益ブログをつくる方法』
メルマガ登録 はこちら
1ヶ月で収益ブログがつくれるメール講座

関連記事

  1. 1. ネットビジネスとは

    1. ネットビジネスとは

  2. 2. ネットビジネス物語

    2. ネットビジネス物語

  1. メルマガやるなら エキスパ にする理由

    メルマガやるなら エキスパ にする理由

    2019.08.07

  2. WordPress 無料 テーマ おすすめ

    WordPress 無料 テーマ おすすめ 5選

    2019.08.06

  3. これが王道の定番教材! ネットビジネス大百科

    【無料】これが王道の定番教材! ネットビジネス大百科

    2018.08.19

  4. その日、ブログがバズった

    自動でフォロワーが増えてゆく! フォローマティックXY

    2018.08.18

  5. 検索順位・検索ワード SEOチェックツールCOMPASS(コンパス)

    検索順位・検索ワード SEOチェックツールCOMPASS(コンパス)

    2018.08.17

  1. 3. こんな人はネットビジネス向き

    3. こんな人はネットビジネス向き

    2018.08.03

  2. 2. ネットビジネス物語

    2. ネットビジネス物語

    2018.08.02

  3. 1. ネットビジネスとは

    1. ネットビジネスとは

    2018.08.01

ブログについて

このブログでは、“インターネットビジネス 成功の方法” をお伝えする。主な内容は、ネットショップ運営、アフィリエイトについて。初心者から月商20万程度の人を対象にしている。
 
注)記事を順番に読むには「古い順」でソート。

ブログ執筆者

いくつかのブログやネットショップの運営をしている。さまざまな会社を経験。社員10万人規模のメーカーから、東証一部上場のIT企業、のちにジャスダック上場のベンチャー、社員10人ほどの中小企業、フリーランス(個人事業主)まで。2009年に起業、会社設立。
 
インターネットビジネスのキャリアは、副業5年、起業後10年。